転職活動中、現役のナース、転職経験者の声、求人数、求人の質、サービス内容等を比較しランキングに。履歴書、職務経歴書の書き方、円満退職のコツもご紹介

wrap_top
contents_top

看護師転職ガイド

看護師の仕事にも飽きてきたあなた!!!企業で働いてみませんか?

今まで、看護師として、第一線で働いてきたが。。。
勤務体系は、夜勤に日勤。。。そして、準夜勤。
もっと友達とも遊びたいし、家族との時間も持ちたい。
そんなあなたには、保健師や、企業看護師として企業で働くことも視野にいれてみてはいかがでしょう?

保健師について

◆保健師の仕事内容

保健師というのは、
①学校保健師
②地域保健師
③産業保健師
などに分類することが出来ます。

保健師の仕事内容というのは、ベースは同じでもどこに勤務するか(学校・地域・産業)によって若干の違いがあります。

①の学校保健師の仕事内容は、教職員や生徒の健康管理に従事しています。

②の地域保健師の仕事内容は公務員採用試験に合格した保健師のみが従事することが出来、日本のあらゆるところに存在する保健センター等でその地域にお住まいの方々の健康増進活動や、病気の予防、自宅療養されている方などのヘルプを行います。

③の産業保健師の仕事内容は、民間の企業に就職し(立場は保健師として)、その企業に勤務する方達の健康管理や健康増進の企画と実行を行います。

このように、保健師の仕事内容の基本は、『健康管理』と『健康増進』となっています。とはいえ、勿論デスクワークもあり、書類整理・処理や、データを管理したりのデスクワークもあります。他にも、赤ちゃん検診を行ったり、乳幼児・就学前までの児童の検診を行ったり、母親学級などを開催してくれます。また、赤ちゃんがいるご家庭を訪問して育児相談などにものってくれたりします。

かつては、保健師さんの転職活動というのは、看護師さんの転職活動と同じように、新聞の求人欄や、織り込み広告を見て、転職活動をするというのが一般的でした。でも、最近では、看護師専門の転職支援サイトが非常に増え、それらのサイトをまとめてみることが可能です。

治験コーディネーター(CRC)というお仕事

企業のお仕事は、主に一般企業の医務室(健康管理室)で勤務する企業看護師(産業保健師)や、治験コーディネーター(CRC)・臨床開発モニター(CRA)など新薬開発に携わる専門職です。

どちらも看護師または保健師資格があれば就業可能な人気のお仕事です。しかし、あまり出回らない求人のため、求人情報をどこで探したら良いのか分からないという方が多いのです。

contents_bottom
wrap_bottom