転職活動中、現役のナース、転職経験者の声、求人数、求人の質、サービス内容等を比較しランキングに。履歴書、職務経歴書の書き方、円満退職のコツもご紹介

wrap_top
contents_top

看護師転職ガイド

見かけの給料で決めないで

看護師として働き出してからのはじめての転職…
今、勤務している病院・クリニックよりも当然給料のいいほうがいいですよね。

実際、転職サイトにて公開・非公開の求人情報には、給与情報は当然記載されております。 但し、給与額に対する考え方は、企業によって大きく異なるもの。目先の額が良くても、生涯賃金で見れば月給25万の会社に大きく水をあけられる可能性もあるのです。今回は給与額を構成する「企業のウラ事情」をひも解いて行きましょう。

あなたはどっちを選ぶ??

A病院の月給は25万円、B病院の月給は、30万円--求人広告上は、両院とも業務内容はほぼ同じ。この場合、大多数の人が給与額の高いB病院を選ぶのではないだろうか?でも、例えばこん な事情があったら、どうだろう?B病院は、創立まもなく、勤務体系は、あまり確定しておらず、ボーナスもない。

B社は、創業30年の大病院。月給そのものはA社より低いが、住宅手当が月に5万円、児童手当が月1万円支給される。つまりは諸手当だけで6万円の収入に。合計すれば、月々に入ってくる額はB病院を超えることになる。

つまりは、その病院の給与制度や運用ルール、給与に対する考え方を理解したうえで転職先を選ばないと、入社後に『こんなはずでは…』と後悔するかもしれないのだ。

見かけの給与で転職を決めてはいけない理由について、以下にまとめます。転職する際に、事前にいくつか押さえるべきポイントをつかんでおきましょう。

「諸手当」や「残業代」の有無で、リアル給与は大きく変わる!

転職時に示される「給与額」以外に、病院によっては住宅手当や家族手当、転勤手当などの「諸手当」がプラスされる。上記で示した例のように、給与額自体は低くても、各手当の額を加えると「実際はかなりの高給だった」という場合もある。逆に言えば、「転職して給与そのものは上がったが、前職ではもらっていた○○手当がなくなったので実質減収になった」というケースもあり得るのだ。

病院によって大きく差がつくポイントなので、事前に十分チェックしましょう
同じく、残業代に関する企業の考え方も、収入を大きく左右する重要な要素。残業代を支払うのは病院の義務だが、「定額残業制」を設け給与額に一定時間の残業代が含まれていたり、年俸制を導入し年俸の中に残業を含めている場合もある。

手当は、求人広告や企業ホームページで説明されているケースが多いが、残業代について明記している病院は少なく、事前に確認しづらいもの。面接の段階で質問すると、志望動機そのものを疑われる恐れがあるので、内定後の条件確認の場で確認するといいだろう。

「退職金」によって、退職後の収入に大きな差が出る!

「入社する前から退職金の話なんて」と思うかもしれないが、生涯賃金だけでなく、退職後の収入まで考えると、退職金制度の有無は決して無視できない。転職の際は、目先の給与額だけでなく、退職金制度の有無について確認しておこう。企業ホームページに記載がない場合は、内定後の条件確認の際に確認しよう。

contents_bottom
wrap_bottom