サミット宣言を採択、専門性の追求で看護の役割の発揮を

第16回、日本看護サミットのニュースです。

どんどんこの業界がよくなっていくことを期待します^^

【参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111102-00000001-cbn-soci


福岡市で開催されていた第16回日本看護サミットは11月2日、新たな協働の時代にチーム医療を推進し、専門性の追求で看護の役割を果たすことなどを柱とするサミット宣言を採択し、閉幕した。次回のサミットは、来年10月18、19の両日、青森県青森市で開かれる。

サ ミット宣言に先立ち、この日は「新時代に問われる看護の評価」をテーマに、井部俊子氏(聖路加看護大学長、看護系学会等社会保険連合代表)、朝日新聞 編集委員の浅井文和氏、前日本看護協会会長の久常節子氏による鼎談が行われた。看護の質の評価に関しては、患者である国民や、看護職に対する「見える化」 を進めるだけでなく、看護側からも積極的に情報を発信する必要性があるとの認識で一致した。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月13日

看護師求人サイト比較ランキング (20:44) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:看護師ニュース

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ns-kyujin.net/blog/mt-tb.cgi/303

コメントする




« 医療支援が届いていない在宅被災者への医療支援をしてくれる方を募集している記事 | ホーム | サミット関連でもう一つ、「看護新時代」テーマにサミット開幕 »

このページの先頭へ